« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

お勉強もしっかりと

 ドリームリシュテンシュタインちゃんは、最近週末はスキースクールにお泊りに行っています。一緒に木島平に行ったおばあちゃんの休憩っという意味もあるんだけど、お勉強も必要だからです。   校長先生の計らいで、お勉強も忘れずしているようです。

 スキースクールの宿舎には立教大学のスキー部の方が、入れ替わり立ち代りいらしています。中にはアルバイトは塾講師って人もいて、お勉強のできないドリームリシュテンシュタインちゃんのために頑張ってくれています。

 今日は漢字の書き順矯正と算数を教えていただいたそうです。

 ドリームリシュテンシュタインちゃんは、書き順というものの存在をしらないのか!というぐらい自由に文字を書きます。マスというものの存在さえたまに忘れてしまいます。そんなドリームリシュテンシュタインちゃんも、カッコいいお兄ちゃんが教えてくれるのです。happy02とっても素直にお勉強しているようです。

そんな環境ならママだって勉強するよcatface

Photo K先生です。一緒にトレーニングして

勉強して、ご飯食べて遊んでもらっています。

校長先生によると彼女の

大好きランキング現在1位

に輝いている先生なのだそうな・・・

校長先生はいつも最下位にいると

笑っておりました。

| | トラックバック (0)

テレマークスキー

coldsweats01 今年のお正月に初めてテレマークスキーに挑戦してみました。写真のようにかかとが上がるの~wobbly

ターンするときは曲がりたい方の足を引く感じで、かかとが上がるように体重をかける。

すると曲がるんだけど、ママは転びます。bearing

シュッタっとスキージャンプの選手が着地したときの格好みたいになるの・・・

カッコいいですか?しかも転ぶのです。わかんない・・わかんない・・楽しさがわからない。   2月にも再度挑戦してみようと思いますが・・・楽しさがわかるといいな~shock

Photo

| | トラックバック (0)

読書の罠

 今日は、ドリームリシュテンシュタインちゃんのお兄ちゃんの最近

お兄ちゃんはいたって普通の男の子。気は優しくて、ボーっとしています。万年補欠のバレーボールチームの練習には、欠かさず参加。scissors一生懸命友達を応援しています。

補欠に文句を言うのでもなく、苦やしがるわけでもなく、チームメートのために頑張っています。crying

だからといって大人しいわけではなくて、学校でよく喧嘩もしています。ママは、はじめいじめられていると思って怒り狂っていたんだけど、よくよく聞くとやっぱり喧嘩なんだよね~

そんなお兄ちゃんが突然読書を始めた・・・我が家にはテレビがないので、兄妹でコロコロとよく遊ぶんだけど、ドリームリシュテンシュタインちゃんは、お兄ちゃんの邪魔ばっかりしているの、お兄ちゃんは、いなくなってしばらくは、思う存分漫画を読んだり、PSPをやったりしてたんだけど、邪魔が入るから飽きなかったんだね。

今はすっかり飽きてしまいました。

今はディズニー映画の小説をむさぼり読んでます。パイレーツオブカリビアンとか、ウオーリーとか、レミーの美味しいレストラン等、色々書店に並んでいるのを片っ端から読んでいます。なんかストイックな感じなの~ bearing

一晩で読んじゃうから、毎日毎日会社帰りに買ったりしてるんだけど、1日一冊なんて、馬鹿にならない値段なの・・・ ゲームソフトの方が安く付くよ。そろそろ図書館のカード作ってPCでの予約方法を教えないと、こっちの身が持たないよshock

| | トラックバック (0)

信州 毎日新聞

 今日は複雑な気分です。考えすぎなのでしょうか・・・

木島平より連絡phoneto 毎日新聞の信州版が、ドリームリシュテンシュタインちゃんの、保護者がOKなら、直接ドリームリシュテンシュタインちゃんに取材して、撮影して掲載するそうです。 なんと・・・なんと・・・えらいことになっています。

ドリームリシュテンシュタインちゃんが・・・ママの手から離れていく~cryingweep

ドリームリシュテンシュタインちゃんは拒否するでしょうが、ママにとってはまだまだ赤ちゃん目の中には入れないけれど、可愛い可愛い末娘catface

しかし彼女の世界は広がりつつあるのです。空の巣症候群に拍車です・・・

そういえば・・最近のドリームリシュテンシュタインちゃんのお楽しみは、なんともいやらしいのです。

木島平スキー場には、この時期たくさんの修学旅行生がやってきます。彼女は学校から帰ると急いでゲレンデに出て、まだ初心者の修学旅行生の前を、これ見よがしに滑ることに情熱を傾けているのです。ギャラりーがいるととっても燃えるんだそうな

修学旅行生に「うないな~化け物じゃん」と言われたと、先日もウキウキ電話をよこしていました。化け物と呼ばれてうれしいなんて・・・確か9年前娘を産んだはずですか・・・

| | トラックバック (0)

トマムのYさん

 ゲットしたトマム旅行。お世話いただくトマムの担当者Yさんからメールが来ました。

Yさんも子どもの頃からスキーに親しみ、現在トマム在住自称スキー馬鹿なんだそうな・・・

メールを読んで考えた・・・gawk もし・・もし・・ドリームリシュテンシュタインちゃんが

将来雪国で永住なんてことになったらどうしよう。今でもママから離れて長野に行っちゃうぐらいだからその可能性は大いにある。

さみしい・・・なんだか 空の巣症候群突入気味です。

ドリームリシュテンシュタインちゃんに会いたくなってしまいました。crying

| | トラックバック (0)

朝日新聞「声」掲載

 朝日新聞の「声」って投稿欄があるんだけど、今日掲載されました~うれしいhappy02

そんなこんなしていると、スキージャーナルのトマム旅行の件でメールもきていて

やっぱりほんとうなんだ~っと感慨無量でございます。happy02

ところで朝日新聞掲載の裏話・・・・

まず投稿する→「声」の編集者から電話がある→記事の内容野詳細をいろいろインタビューされます。ここからがすごいところで、その日のうちに事実関係を関係者に電話して聞くのです。今回はドリームリシュテンシュタインちゃんのことを書いたんだけど、インターラーケンの校長先生に電話番号なんて教えないのに、電話してるのcoldsweats02びっくりよ

事実のことだから新聞社は納得。

私の書いた投稿を手直しして、その文章がメールで送られてくるのです。

手直しされた内容を見てgoodOKの返事をするとめでたしめでたし

後日掲載日を連絡してくれるといった手順で運ぶのです。ひょ~です。

朝日新聞はこれでおしまい。

スキージャーナルの方はといえば、星野リゾートトマムってところから連絡が来ています。その担当者と宿泊日時の決定を現在やっております。2月~3月いっぱいまでの平日なんだそうです。

企画に含まれる費用 は、
宿泊代(2夕食、2朝食付き)、滞在中のリ フト券、交通費(出発空港から現地まで
の往復費用)、トマムリゾート内の施設利用料 だそうです。

すごいのは、撮影依頼、モニターアンケートがあるそうです。

ママはスキーはダメダメだけど・・・スキージャーナルに顔が載っちゃうかもbleah

真剣に頑張っているスキーヤーには反則気味だけど載っちゃってもいいよね~

だって生まれ変わってもスキーが上手くてスキージャーナルに載ることはないもんね~bleah

| | トラックバック (0)

学校行事の報告

 留学先の小学校では木島平スキー場でスキーをするsnow 授業があるようです。

いつもは7:20分頃家を出て登校しなければならないのですが、この授業の日はスキー場近くに暮らすドリームリシュテンシュタインちゃんは、9:15分現地集合でいいのだそうです。

毎日スキーをしているドリームリシュテンシュタインちゃんですが、いつも先生と二人っきり、いろんな先生に教えてもらって楽しんではいますが、やっぱり学校の友達と一緒に楽しめることをとても喜んでいました。

地元の子なのでみんなスキーの上手な子ばかり、ついていくのがやっとなのかも知れませんが、新たなスキーの楽しみ方を発見してくれればいいな~

当日は給食がないので、ゲレンデのレストランで食事をとるのだそうです。

そういえば木島平のスキー場で面白いラーメンを見つけました。知らない人が食べてたんだけど、写真を撮らせてもらいました。

Photo Photo_2                            

地獄ラーメンだそうです。

味は?「美味しいですよ」

っとおっしゃってました。

| | トラックバック (0)

ワンクリックの恐怖

 ハア~めんどくさいことになった。ブログをしている人ならわかるんだと思うけど、ママもまだまだ初心者で、昨日マイフォトをうっかり消してしまった。wobblyワンクリックしただけでそれだけで、これまでブログに掲載してきた画像が消えてしまった。crying

残しているのは最近のものだけだし・・・とりあえず再度画像をぺたぺたしたけど、気力がうせた。もっと何度も聞いてよ~誰に言ったらいいのかわからないけど、何度も何度も確認画面を出して聞いてください。ほんとワンクリックで・・・つ・ら・いshock

| | トラックバック (0)

留学先に馴染めたかな?

 ドリームリシュテンシュタインちゃんが、長野に残って生活することにはあまり心配をしていません。

インターラーケンスポーツアカデミーの先生方が、日々の様子を見てくれているだろうし、スキーなどしながら色々話を聞いてくれています。

(ちなみにインターラーケンスポーツアカデミーの先生方を紹介するブログも開設してます。http://interlaken-iori-mama.cocolog-nifty.com/staff/ )

だけど学校に行っている間はどうにもできないbearingママは心配で仕方がない。

南部小学校は、大阪の学校よりは、先生との距離も近いし生徒の数も少ないから馴染んでしまえばとっても楽しい学校生活になるだろうとは考えていましたが・・・

とっても活発な子どもなでけに、新しい学校で雪に閉ざされた教室の中で、どんなふうに過ごしているの気がかりで仕方がなかったのです。

毎日電話しているんだけど学校の様子をちっとも教えてくれないから、余計に心配していました。

今日の電話でやっと話してくれました。

新しい学校は、体育館が校舎の中にあり、そこで遊んでいるそうです。おまけに多目的室には卓球台があって、自由に使って遊んでいいのだそうです。

ドリームリシュテンシュタインちゃんいわく、「廊下走りまくってもぜ~んぜん怒られへんし、うじうじした女おらんねん。だれもいけずしーひんで~」とのことでした。

おまけに、大阪の学校には帰りたくないと言います。夏も木島平南部小学校のクラスメイトと遊びたいんだって~happy02

たった2日学校に行っただけで、すっかり馴染んだようです。ドリームリシュテンシュタインちゃんの社会性と適応能力の高さはママも一目置いていましたが、木島平南部小学校の先生はじめ、クラスメイトが受け入れてくれたんだね~ありがとうcrying

「スキーがしたい!!」っというドリームリシュテンシュタインちゃんの願いを叶えるためにスキー留学を進めてきたけれど、ほんとによかった。木島平南部小学校での経験は、彼女を伸びやかに、健やかに、育てる上で正解だったと思う。

Photo_18 ドリームリシュテンシュタインちゃん

特訓中です。

学校から帰るのが15:30ぐらいで、急いで着替えてリフトが終わる16:30まで滑っているそうな

お勉強も毎日これだけやってくれればと思うママでした。

| | トラックバック (0)

二人の関係

 昔昔のお話です。校長先生はとっても怖かったらしい。いやまだ怖いのかも知れない。

お兄ちゃんはしばらく宿舎に預けるとなんだかぴっし!っとして帰ってくるし、ちゃ~んと先生達とは敬語で話している。

ママも若い頃は、スキースクールに入ってスキーをしてたので、なんとなくスクールのヒエラルキーは理解してるんだけど、年齢が18・19だったし、10歳ほど違う近所のお兄ちゃん4人ぐらいに連れて行ってもらっていたから、とっても恵まれた位置にいて、本質的には理解していません。 しかも学生時代は帰宅部で体育会系の上下関係を経験したことがない。

でも一応世間並みに頭では理解しているから、お兄ちゃんを宿舎に預けたりしているんだけどね。

ドリームリシュテンシュタインちゃんと校長先生はどうでしょう・・・

なんだか二人はいい関係です。

「なーなー校長先生あんな~あんな~」としゃべり続けるドリームリシュテンシュタインちゃんと「「どうしたの?」「へ~そうなの」「ふ~ん」とやさしく、気長に聞いている校長先生・・・

年の差40以上がつくり出した新たな師弟関係いったいどうなることやらcoldsweats01

Photo_8 お兄ちゃんのレッスン風景

厳しく指導中wobbly

お兄ちゃんも頑張ってます。

Photo_17                                           校長先生にお正月頑張ったご褒美に 板と靴を取替えてもらいました。なんだか    あま~い二人の関係見えますか?

http://interlaken-iori-mama.cocolog-nifty.com/staff/leftrightインターラーケンスキースクールスタッフ紹介のブログを開設してます。

| | トラックバック (0)

SIAジュニア検定挑戦

1月1日学童メンバーが大阪に帰る日、子どもたちにはSIAの検定を受けました。

昨シーズン初めてスキーを履いた子達なので、手堅くグリーンから。見事合格でしたhappy02ママは思うのです。何でもいいのです。あなた達の自信につながればwink 子どものうちにたっぷりと自己評価をマックスまで上げ上げしておいてください。大人になれば下がる一方です。

有能感をたっぷり心の中に蓄えて大人になってね。その蓄えた有能感が、きっと努力できるgoodあきらめないgood大人にしてくれると信じてるんだ~センちゃんwinkはーちゃんwinkおめでとうshine頑張ったね。

検定の様子downwardright

Photo_11 Photo_12 

Photo_14 Photo_15

| | トラックバック (0)

SIA ジュニア検定

SIAにはレベルに合わせて検定試験があります。ママも偶然知って子供達に受験させていました。  何年もスキー場放浪親子だったので年末年始10日ほど滞在していても、人間関係ができるわけでなし、子供達がスクール時間以外に、スクールの先生と親しくなるわけでもないので、そのうちスキーに飽きてしまって、地元の友達と過ごしたいsadな~んて言い出したら困る

子ども達がスキーに行かなきゃangry今年もがんばるぞdashっとスキーに執着してもらわなくては困る。っと考え、子どもが大好きなバッチ集めができるSIAの検定試験を受けさせていたのです。 一番下が緑・黄・赤・ブロンズ・シルバー・ゴールドと続くんだけど、ゴールドを取ると、スキージャーナルに名前が載るんですよ~happy02すごい!!

検定の価格も検定料&認定料合わせても\3000に満たないほどだし、合格すると、スクールの先生達がうやうやしく、結果発表して認定書とメダルを渡してくれるのです。

なかなかよい制度です。happy02ママもうれしいup写真にはグリーンのメダルがない・・・そうママが紛失してしまいました。

ところでドリームリシュテンシュタインちゃんは昨年ブロンズまで行きました。お兄ちゃんはゴールドまで取ったんだけど・・・お兄ちゃんより上手いはずだっと思っているドリームリシュテンシュタインちゃんは納得がいかない。

悔しかったのでしょう。彼女はいいました。 「私はシルバーなんていらんpout 今年練習して3年生でゴールドをとる」

彼女は考えたのでしょう。兄ちゃんよりも年が小さいうちに飛び級してお兄ちゃんに実力を誇示したのです。ママの作戦は見事に成功したといって過言ではないでしょうscissors

だけどいいじゃんお兄ちゃんなんだから~っとママは思うのです。

Sia

                            

インターラーケンスキースクールの先生方の紹介もしてます

http://interlaken-iori-mama.cocolog-nifty.com/staff/leftrightアクセスしてね

| | トラックバック (0)

学童メンバー参上

Photo     

 

                   

12月20日から木島平に入り、退屈も最高潮upイライラもマックスに達した年末

学童保育のメンバーが、木島平スキー場に遊びに来てくれました。ママ達は精一杯遊ばなくてはいけません。スキーして遊ぶのに忙しいのです。bleah

Photo_16

な・の・で子供達はインターラーケンスポーツアカデミーに預けちゃいました。筒井先生二日酔いのなかレッスンしてくれてありがとうconfident

だけど今回の筒井先生の帽子なんだけど、筒井先生だけで滑ってんならいいんだけどさ~子供達を後ろに一列に並ばせて滑っていると、なんだか見えてきてしまいました。

カルガモ一家の大行進に・・・

http://interlaken-iori-mama.cocolog-nifty.com/staff/leftrightスタッフ紹介のブログを開設しています。

| | トラックバック (0)

木島平南部小学校

 あけましておめでとうございます。長らくブログの更新を怠っておりました。

12月20日に木島平にinしたんだけれど、PCも持っていったんだけれど、接続できる環境がなかった・・・ 

スキー留学は滞りなくスムーズに遂行されました。

まず、12月22日木島平南部小学校へママとインターラーケンの校長先生とご挨拶に伺い、 南部小学校の校長先生・教頭先生・3年生の担任先生にお会いしました。

次に 12月25日ついにドリームリシュテンシュタインちゃんを連れて、南部小学校に行きました。

ほんとにいい学校happy02子供達はのびのび育っている感じで、可愛いup全校生徒70人ぐらいなので、大阪で通っていた学校の一学年より少ない。

ドリームリシュテンシュタインちゃんのクラスは彼女を含めて8人happy01それが全3年生なのです。

Photo_2

この画像の12月25日はまだ雪がなくってどうなることかと心配しましたが、26日にはすっかり雪景色となりました。

まったく雪の気配もなくってどうなることかと思っていたけど、たった一晩降っただけで雪景色となりました。

やっぱ雪国なんだね~だけどスキー関係者の皆さんや地元の方にお話を聞くと、年々積雪量は減っているらしい。10年前に比べるとまったく違うとおっしゃっていました。温暖化の影響なのかな??

| | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »